遺言・相続の法律問題

遺言書の作成をお考えの方へ

遺言書を作成せず、遺産の分配について何も決めずに亡くなると、相続人の間で遺産を巡って争いとなり、紛争が泥沼化してしまうことも少なくありません。このような争いを未然に防ぐためにも、遺言書を作成しておくことは極めて重要です。

遺言書を残すことの重要性

遺言書の文案は、弁護士が、相続人となりうる者や相続財産になりうる財産について十分に調査し、依頼者のご意向を確認しながら、将来的に争いにならないよう十分検討した上で作成いたします。

民法では、遺言に厳格な要件を定めているため、誤った方式で作成すると、せっかく作成した遺言が無効になる恐れがあります。確実な遺言を残しておくためにも、法律の専門家である弁護士に依頼をして、遺言書を作成する方が安心です。

万が一の事態になる前に、残される家族の幸せのためにも、遺言書の作成について、是非、お早めにご相談ください。

相続・遺産分割についてお悩みの方へ

遺言書がない場合には、亡くなられた方の遺産を相続人同士でどう分割するかという問題が生じます。相続人同士の仲がよいときは、話し合いで円満に解決できますが、利害が衝突したり、親族間で確執がある場合には、骨肉の争いになることも少なくありません。

相続・遺産分割についてお悩みの方へ

このような場合、弁護士に依頼をすると、弁護士が代理人として他の相続人と連絡を取りますので、直接話し合いをせずにすみます。また、専門的なアドバイスを受けながら、遺産分割について的確に処理することが可能となります。

遺産分割を行うには、相続人の範囲の確定、相続財産の調査、遺産の評価、特別受益、寄与分、遺留分など、様々な点が問題になり、専門的な知識が不可欠です。

多岐にわたる問題を的確に解決するためにも、是非、お早めにご相談ください。

banner